ユナボマーの論文①:IELTSなどライティング試験のネタに

投稿者: Auther | 1 年, 4 ヶ月 前 | 0 のコメント

1. The Industrial Revolution and its consequences have been a disaster for the human race. They have greatly increased the life-expectancy of those of us who live in “advanced” countries, but they have destabilized society, have made life unfulfilling, have subjected human beings to indignities, have led to widespread psychological suffering (in the Third World to physical suffering as well) and have inflicted severe damage on the natural world. The continued development of technology will worsen the situation. It will certainly subject human being to greater indignities and inflict greater damage on the natural world, it will probably lead to greater social disruption and psychological suffering, and it may lead to increased physical suffering even in “advanced” countries.

  1. 産業革命とその結果は、人類にとって災難であった。先進国に住む私たちの寿命は大きく伸びたが、社会を不安定にし、生活を不充分なものにし、人間を屈辱にさらし、精神的苦痛(第三世界では肉体的苦痛も)を広く与えるとともに、自然界に深刻な被害を与えた。自然界に深刻なダメージを与えてきた。テクノロジーの継続的な発展は、この状況をさらに悪化させるでしょう。テクノロジーは、人間をより大きな侮辱にさらし、自然界に大きなダメージを与えるでしょうし、おそらくより大きな社会的混乱と心理的苦痛をもたらし、「先進国」であっても身体的苦痛を増大させるかもしれません。また、「先進国」であっても、身体的苦痛を増大させるかもしれない。

2. The industrial-technological system may survive or it may break down. If it survives, it MAY eventually achieve a low level of physical and psychological suffering, but only after passing through a long and very painful period of adjustment and only at the cost of permanently reducing human beings and many other living organisms to engineered products and mere cogs in the social machine. Furthermore, if the system survives, the consequences will be inevitable: There is no way of reforming or modifying the system so as to prevent it from depriving people of dignity and autonomy.

  2. 産業技術システムは生き残るかもしれないし、壊れるかもしれない。しかし、それは、長く非常に苦しい調整期間を経て、人間や他の多くの生物を永久に人工物や社会的機械の単なる歯車に貶めてしまうという代償を払わなければならないのである。さらに、もしこのシステムが存続するならば、その結末は避けられないだろう。システムが人々から尊厳と自律性を奪うのを防ぐために、システムを改革したり修正したりする方法はないのである。

3. If the system breaks down the consequences will still be very painful. But the bigger the system grows the more disastrous the results of its breakdown will be, so if it is to break down it had best break down sooner rather than later.

  3. システムが崩壊しても、その結末は非常につらいものになるだろう。しかし、システムが大きくなればなるほど、その崩壊の結果はより悲惨なものになる。したがって、もし崩壊するならば、遅かれ早かれ崩壊するのが一番良いのである。

4. We therefore advocate a revolution against the industrial system. This revolution may or may not make use of violence; it may be sudden or it may be a relatively gradual process spanning a few decades. We can’t predict any of that. But we do outline in a very general way the measures that those who hate the industrial system should take in order to prepare the way for a revolution against that form of society. This is not to be a POLITICAL revolution. Its object will be to overthrow not governments but the economic and technological basis of the present society.

  4. したがって、われわれは、産業体制に対する革命を提唱する。この革命は、暴力を使うかもしれないし、使わないかもしれない。突然起こるかもしれないし、数十年にわたる比較的緩やかな過程かもしれない。私たちはそのいずれをも予測することはできない。しかし、私たちは、産業システムを憎む人々が、その社会形態に対する革命の道を準備するために取るべき措置について、非常に一般的な方法で概説しています。そのような社会形態に対する革命の道を準備するために、産業システムを嫌う人々が取るべき措置の概要を説明します。これは、政治的な革命ではありません。その目的は、政府ではなく、現在の社会の経済的・技術的基盤を転覆させることである。
5. In this article we give attention to only some of the negative developments that have grown out of the industrial-technological system. Other such developments we mention only briefly or ignore altogether. This does not mean that we regard these other developments as unimportant. For practical reasons we have to confine our discussion to areas that have received insufficient public attention or in which we have something new to say. For example, since there are well-developed environmental and wilderness movements, we have written very little about environmental degradation or the destruction of wild nature, even though we consider these to be highly important.   5. この論文では、産業技術システムから生まれた否定的な展開のいくつかにだけ注意を向けている。他のそのような発展 その他の発展については、簡単に触れるか、まったく無視する。これは、私たちがこれらの他の発展を重要でないとみなしていることを意味するものではない。現実的な理由から、私たちは、世間の関心が十分でない分野、あるいは私たちが新しく言いたいことがある分野に議論を限定せざるを得ないのである。例えば、環境保護運動や原生地域運動が発達しているため、私たちは環境悪化や破壊についてほとんど書いてきませんでした。環境破壊や自然破壊については 環境破壊や自然破壊は、非常に重要な問題であるにもかかわらず、ほとんど書いていない。重要なことなのに。

現在未評価

現在コメントはありません

新しいコメント

必須

記入が必要です(公開はされません)

オプション

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2021
2020

タグ

多義語(1) 英語原論(15) 単語 上級(12) コラム(7) mezzanine(1) サブスリー(4) music(11) 海外移住(2) 文化(2) 政治(2) nujabes(3) ランニング(5) 発音(14) django(4) 文法(15) 文法問題(1) 教育論(3) 転職(2) 仕事(1) アニメ(1) cowboy bebap(26) TOEIC(1) 歴史(2) vuejs(7) 経済(1) lesencrypt(1) データサイエンス(1)

著者

Auther (120) admin (2)

フィード

RSS / Atom

Social Links

運営より

当ウェブサイト内のコンテンツ(文章、写真、イラスト、サイト構造など)に関する著作権等は 弊社、または制作者などに帰属しております。営利、非営利を問わず、当ウェブサイトのコンテンツの全て 、または一部を許可なく複製、転用、販売など二次利用することはご遠慮ください。

目覚めよ!英語力