英語は発音がとても大事

投稿者: Auther | 11 ヶ月 前 | 0 のコメント

TOEICベースの勉強になるとどうしてもおろそかになる発音。人のこと言えた義理ではないが、たまに聞こえてくる日本語直訳英語と日本語なまりバクバクの英語は聞いてられるレベルではない。こちらが恥ずかしくなる。しかし、こうした感覚は留学して日常的に英語と関わらないとわからない感覚だと思う。留学生でも遊びに来てんのかよこいつは、みたいな人でも長期滞在してるタイプはたとえ大したことを言えなくても、発音はそれなりのレベルにあることが多い。もう肌感覚でわかるのだろう。この発音だとダサすぎるということが。

一方、日本で勉強しているだけではこのダサさが身をもって知ることができない。テストにも出ないということで発音を矯正しようという発想がそもそも出てこない。TOEICなどの試験で読まれるコロケーションゼロのセリフを聴いているだけはこういう風に発音するにはどうしたらよいのだろうかと考える余地がない。ドラマや映画の英語がTOEICの試験のリスニングと決定的に違うということにはなんとなく気づいている人も多いと思う。実際に話されているのはドラマや映画に限りなく近い。ただ、非日常の世界が映画やドラマであり、そういった非日常めったに使われることのない単語がちりばめられていて理解を妨げるということもあり、かなり難易度が高い英語教材となる。したがって、手を勉強の教材として手を出しずらく、また試験の英語は聞きとれるので、発音の重要性を無視しがちである。しかし発音を矯正しなければいつまでたってもニュース英語しか理解できない。到達すべきは一般人が話している内容をいかに自然な理解に落とし込めるかである。ニュース英語をいくら理解しても普通に話すことは無理である。仮にあなたがアナウンサーだとして、その体で日常生活を送り続けることができますか。

英語の発音でまず学校で教わるのはあの舌の形である。

このように発音を舌の動きで説明されたものが多い。しかし舌をいくら変化させてもネイティブの音声には近づくことはできない。英語の発音と日本語の発音の違いは喉で音をつくっているいかそうでないかである。英語で話すときはまず喉を意識してそこから声を発するという感覚をまず持つことが先決だ。この喉メソッドはそれほど知られていないが、提唱されてトレーニング本も出ているので、ぜひ挑戦したほうがいい。かなり今持っている英語の発音の価値観を変えてくれるはずである。下や口の動きは喉で発音すると自然とそういった形になる。言語を学ぶ過程で子供が舌の形を教えてくれと、頼むであろうか。口の形をまねて発音しようとするだろうか。要はそういうことである。

そして、この本でトレーニングした後にやってほしいことが、洋楽での発音訓練である。ou や aを意識して発音できているだろうか。LやRだけが問題ではない。日本語という英語と欠けな離れた言語で育った以上、当たり前を当たり前じゃない感覚で学ばないといつまでたっても日本人英語からは脱却できない。それではエミネムのLOSE YOURSELFで発音の神髄を見てみよう。これでもかというぐらい韻を踏んでいるので、ライムをしっかり確認して自らのウィークポイントを発見しよう。

【aːm 】赤字

【e-i】斜体

53秒から

短い歌詞の中でいくつもライムが刻まれているため、一度にすべてを聞き取ることは不可能。特定の発音ごとに注意して聞いてもらいたい。

His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy

There's vomit on his sweater already, mom's spaghetti

He's nervous, but on the surface he looks calm and ready

To drop bombs, but he keeps on forgettin

【ou 】赤字

【au】斜体

1分4秒後から



What he wrote down, the whole crowd goes so loud

He opens his mouth, but the words won't come out

He's chokin, how everybody's jokin now

The clock's run out, time's up over, bloah!

【æ-ə-i】赤字

【ou 】斜体

1分15秒から

Snap back to reality, Oh there goes gravity

Oh, there goes Rabbit, he choked

He's so mad, but he won't give up that easy? No

He won't have it, he knows his whole back's to these ropes

It don't matter, he's dope

He knows that, but he's broke

He's so stagnant he knows

When he goes back to his mobile home, that's when it's

Back to the lab again yo

This whole rhapsody

He better go capture this moment and hope it don't pass him

【ou】赤字

【a】斜体

【ər】下線

2分14秒後から


It only grows harder, only grows hotter

He blows us all over these hoes is all on him

Coast to coast shows, he's known as the globetrotter

Lonely roads, God only knows

He's grown farther from home, he's no father

He goes home and barely knows his own daughter

But hold your nose cuz here goes the cold water

ほぼこの発音で聴けている人はいないのではないだろうか。かくいう私もその一人である。

したがって練習用にこのブログを作った。何度も練習して発音を矯正しよう。

現在未評価

現在コメントはありません

新しいコメント

必須

記入が必要です(公開はされません)

オプション

最近の投稿

アーカイブ

2021
2020

タグ

多義語(1) 英語原論(15) 単語 上級(12) コラム(7) mezzanine(1) サブスリー(4) music(11) 海外移住(2) 文化(2) 政治(2) nujabes(3) ランニング(4) 発音(14) django(4) 文法(15) 文法問題(1) 教育論(3) 転職(2) 仕事(1) アニメ(1) cowboy bebap(26) TOEIC(1) 歴史(2) vuejs(7) 経済(1) lesencrypt(1) データサイエンス(1)

著者

Auther (113) admin (2)

フィード

RSS / Atom

Social Links

運営より

当ウェブサイト内のコンテンツ(文章、写真、イラスト、サイト構造など)に関する著作権等は 弊社、または制作者などに帰属しております。営利、非営利を問わず、当ウェブサイトのコンテンツの全て 、または一部を許可なく複製、転用、販売など二次利用することはご遠慮ください。

目覚めよ!英語力