やっとわかったLSDの効果

投稿者: Auther | 8 ヶ月, 1 週間 前 | 0 のコメント

これまでLSD否定派であったが、ようやくLSDの効果と価値が分かった。

LSD - LONG SLOW DISTANCEの略だが、その効果は

  • 持久力の向上
  • 心肺能力の向上
  • 筋力の向上
  • リラックスできる

と言われているが、単にゆっくり走っただけではただの緩い練習である。ランニング初心者ならいざ知らず、ある程度経験も体も走ることに慣れてしまった状態で、いくらゆっくり長く走ったところでその効果は知れている。時間に限りがある社会人が最もやってはいけない練習であることに変わりはない。

ここで私が提唱したいのはALSDである。 ALSD - AFTER LONG SLOW DISTANCE

意味は長い距離の後のゆっくりRUNである。これだと単に運動後のストレッチのような意味にとられるかもしれないが、全く違う。まず長い距離は単に距離走をするのではなく一般的にきついハードトレーニングである。私の場はキロ3分半程度で16キロほど走る。大体一時間程度で走ることになる。かなり強度の高いトレーニングで今日はこれで終了というぐらい疲労するが、ここでやめてはもったいない。残りのSLOW DISTANCEをここで入れる。いつもお尻を意識して走っているが、いくら意識してもなかなかお尻を使ってランニングすることは難しい。一般的に大殿筋はアクセルとして機能させると言われているが、実際は骨盤を上げることで足の負担重量を減らし、ストライドなりピッチなどを上げるために使われる。つまりランニングにおいて地面をプッシュしたり、踵を引き付けるために使うのではない

そうすると、実のところ思うほど大殿筋を使う意識を持ったとしてもトレーニングの中で十分に生かし切れていない。何より、それほど強い力を必要としないため、ただランニングするだけでは、十分な筋力が育たない。そこでやるのがSLOW DISTANCEである。強度の高いトレーニングをした後にゆっくりとお尻を使ってランニングする。ここが非常に誤解されている点だと思う。お尻を使ってゆっくり走るのはどうすればいいか。それは膝を曲げずにランニングするのである。そうすればお尻の筋肉を使わざる負えない。また、前に進むために足首も使う必要がある。つまり、大殿筋と足首の力だけで走るのである。

この走法で走ると、私の場合キロ6分45秒かかり、かつトレーニングの後、大変強い疲労感を大殿筋に感じることができた。

これがLSDの本来の目的ではないだろうか。骨盤を大殿筋でしっかりサポートする。まずこの考え方を取り入れてランニングしてほしい。そうすればどういう大殿筋に発達させればよいか自ずと見えてくるはずである。単にジムで鍛えたプリケツでは役に立たない。

現在未評価

現在コメントはありません

新しいコメント

必須

記入が必要です(公開はされません)

オプション

最近の投稿

アーカイブ

2021
2020

タグ

多義語(1) 英語原論(15) 単語 上級(12) コラム(7) mezzanine(1) サブスリー(4) music(11) 海外移住(2) 文化(2) 政治(2) nujabes(3) ランニング(4) 発音(14) django(4) 文法(15) 文法問題(1) 教育論(3) 転職(2) 仕事(1) アニメ(1) cowboy bebap(26) TOEIC(1) 歴史(2) vuejs(7) 経済(1) lesencrypt(1) データサイエンス(1)

著者

Auther (113) admin (2)

フィード

RSS / Atom

Social Links

運営より

当ウェブサイト内のコンテンツ(文章、写真、イラスト、サイト構造など)に関する著作権等は 弊社、または制作者などに帰属しております。営利、非営利を問わず、当ウェブサイトのコンテンツの全て 、または一部を許可なく複製、転用、販売など二次利用することはご遠慮ください。

目覚めよ!英語力